「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」聖地巡礼 上毛野はにわの里公園


 群馬県高崎市の「上毛野はにわの里公園」を訪問してきました。


=施設の概要=

 こちらは高崎市の歴史公園で、園内に国指定史跡の「保渡田古墳群」が保存されています。この古墳群は5世紀後半~6世紀初期に作られたと考えられているもので、八幡塚古墳・二子山古墳・薬師塚古墳という3つの前方後円墳が集まっています。このうち、八幡塚古墳・二子山古墳が復元されており、すぐ横の「かみつけの里博物館」で出土品展示等を行っています。
 この八幡塚古墳が、「劇場版 仮面ライダージオウ OverQuartzer」において、クォーツァーとソウゴ達が対峙する場所として使用されたロケ地となっています。


sj_zioov0.JPG


参考(外部リンク)
高崎市ホームページ,上毛野はにわの里公園
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2013122401080/

高崎市ホームページ,保渡田古墳群(観光情報)
https://www.city.takasaki.gunma.jp/kankou/history/hotodakohun.html

Wikipedia, 保渡田古墳群
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E6%B8%A1%E7%94%B0%E5%8F%A4%E5%A2%B3%E7%BE%A4


=アクセス情報=

 高崎市の施設ですが、本数が多めの関越交通バスを利用しようとすると高崎駅から直接ではなく前橋駅からの路線を利用する必要があるため、途中で乗り継ぐか、一度前橋駅まで電車で移動する必要がある様でした。アクセスについては、博物館の利用案内に記載されています。

参考(外部リンク)
高崎市ホームページ,かみつけの里博物館 利用案内
https://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014010800060/


=八幡塚古墳の探索=

 周辺は住宅地も近く、少し外れれば車通りもあります。
 八幡塚古墳はすぐ博物館等の施設に挟まれた位置なので遠くまでは見渡しにくいのですが、隣の二子山古墳の方は真下に田畑が広がっているだけのため、結構な範囲が見渡せます。住宅地の向こう側を、山脈をバックに上越新幹線が走っていくのが遠くに見えます。

 本当に地元の公園といった具合で、犬の散歩をしているおじさんとかも普通にいます。クォーツァーも随分と長閑な場所を魔王誕生の地に選んだものです…。


写真1.古墳上部

sj_zioov1.JPG

写真2.SOUGOの玉座が置かれていた場所(後円部分)

sj_zioov2.JPG

写真3.後円部分から、南側を臨む

sj_zioov3.JPG


 玉座が置かれていた後円部分からは、舟形石棺が発見されており石槨があったと考えられていますが、詳細は不明です。現在は修繕されていますが、元は風化して通常なら石槨に入っていると思われる石棺が露出しており、また盗掘の跡があったとの事。そのため、どうやら豪族と思われる複数人が埋葬されていた様ですが、一体何者であったのか分からない様です。
 映画の画面だと分かりづらくなっていましたが、内部に階段で降りられる様になっています。後円部分の中が舟形石棺の展示室になっています。(写真2手前側)

 意図したものかは分かりませんが、何者か分からない王の墓標を、替え玉の王・ジオウと真の王・バールクスの戦いの地に選ぶとは…


写真4.斉藤秀翼氏、パパイヤ鈴木氏の写真撮影位置?

sj_zioov4.JPG


 カゲン、ジョウゲンのビジュアル写真が撮られていた場所をあたってみました。写真4の付近が、それらしい構図の箇所でしょうか。


写真5.ゼーロ―ワン!ゼーロ―ワン!

sj_zioov5.JPG


 ライジングホッパー君達が飛び回っていました。
 公園として芝が広がっているためか、バッタの楽園になっている様です。なるほど…確かに仮面ライダーの聖地にはふさわしい…?





この記事へのコメント